あらゆる都市伝説をまとめ・考察

ウワサの都市伝説まとめ

UMA

NY下水道の白いワニ

投稿日:2018年4月9日 更新日:

NY下水道の白いワニ

始まりはペットのワニの赤ちゃん

かつてニューヨークでは、子供のペットにしようと、フロリダからワニの赤ちゃんを取り寄せるのが流行していた。

飼い始めこそ赤ちゃんワニは小さくて可愛かったが、成長するにつれ巨大化し、やがてもてあますことになる。

親たちの中には、その厄介者になったワニをトイレに流すものも出てきた

運よく下水道に流れてて劣悪な環境の中を生き抜いたワニが、今度は下水道の中で繁殖しはじめた

そして下水道で生まれたワニに視力は必要ない。代を重ねるうちに、目はどんどん退化し、視力を失っていった。同時に体色も失い、真っ白なアルビノばかりが育つようになった。

ニューヨークの下水道には、そんな目の退化したアルビノのワニたちがウジャウジャ棲んでいるという。

下水道に棲みついた巨大な白ワニ

噂話を続けよう。実はニューヨークではかなり以前からホームレスや下水道局の職員が行方不明になる事件が相次いでいた。
そこで市局が調査を行った。
すると、どうだ。下水道に棲みついた巨大な白ワニが、人聞を襲っているという事実が明らかになったのだ。そこで、「白ワニ捕獲隊」がひそかに結成されている。

これが、ニューヨーカーたちの間で信じられている「下水道白ワニ伝説」だ。

下水道は爬虫類の天国

実際、下水道は、豊富な水があり適度に暖かいため、聴虫類にとってはまさに天国だろう。そして、ニューヨークの下水道にアルビノのワニが生息しているとなれば、まさにナゾとロマンの世界だ。

だが、事はそううまくは運ばない。
なぜなら、ワニにとってニューヨークの冬は寒すぎる
ワニは自分で体温調節ができない脚虫類(変温動物)。
残念ながら厳寒のニューヨークでは活動できずに、死んでしまうだろうし、下水道にウヨウヨいる病原菌を考えると、繁殖するのも不可能に近い

日本でも関連する都市伝説が存在

下水道の白ワニ話は、アメリカ発祥の都市伝説、だが、ペットとして鵬虫類などを飼う家庭が増えたせいで、日本でも似たように語られるようになった。

実際、東京都練馬区石神井公園の三宝寺池でワニを目撃したといった騒ぎまで起きており、そのような環境の中でこうした噂がなされるようになったのだろう。

都市伝説ではなく実際の事件にも

また都市伝説ではなく、アメリカでは実際、ニューヨークの下水道でワニが発見されているし、ウィスコンシンやイリノイ、ミネソタ、ニュlジャージー、フロリダなどの各州で、カンガルーやピューマが目撃され、また大トカゲやペンギンなどが捕獲されるなどの不思議な事件が、ときおり起こっている。

本来の棲息地ではない場所に出現しているこれらの場違いの動物は、調査してみると事件当時、動物園やサーカスから逃げたり、ペットが棄てられたり逃げたという話が、なぜかない。

そこで、なにかのひょうしに瞬間移動してきたアレポティング・アニマルではないかとも噂されている。

ちなみに白いワニ、つまりアルビノのワニ自体は、希少ではなく存在している。情報ではアメリカフロリダ州セントオlガスティンのワニ園で実際に見ることができ、体長は約2・5メートルだという

-UMA

Copyright© ウワサの都市伝説まとめ , 2020 AllRights Reserved.