あらゆる都市伝説をまとめ・考察

ウワサの都市伝説まとめ

WORLD

フリ ーメーソンは裏で世界を支配している

投稿日:2018年4月10日 更新日:

フリ ーメーソンは裏で世界を支配している

フリーメーソン=陰謀論

フリーメーソンは、陰謀界の王者である。そして陰謀論者にとってのカリスマである。なぜなら、フリーメーソンなくして、陰謀論はまったく成立しないからだ。世界中に流布する噂は、こうだ。
世界統一政府と世界統一宗教の樹立。
これぞフリーメーソンの最終目的であり、そのためには手段を選ばず、何世紀もかけて世界を影から操ってきた。そう陰謀論者たちは主張し続けている。フリーメーソンは、れっきとして存在している。フリーメーソンについては、誕生から今日にいたる経緯や実体がことこまやかに解説されている。

もちろん、アメリカの歴代大統領のうち15人がメーソンだし、日本の歴代総理の中にもメlソンがふたりいた。だが、だれもがメンバーになれるこのフリーメーソンに、現在のところ陰謀めいた影などまるでみえてこないし、もはやメンバーが高齢化し、とても世界征服を企むパワーなど微塵もない、というのがその実情ではないだろうか。

ところが秘密結社としてのフリーメーソンの実体はまるで見えてこないし、その存在すらあるかないかわからない。
それでも、陰謀論の主役として、ごく当たり前のようにフリーメーソンが・・・と語られ、字面にもなっている。
つまりフリーメーソンと聞くと、巷に溢れる書籍やウェブサイトのホームページではいかにも陰謀めいた秘密結社として描かれることが多いが、実は歴史的な検証はなおざりになっているのだ。

フリーメーソンの実体

UFOやUMA、それに幽霊だって、目撃談や写真の記録があるが秘密結社としてのフリーメーソンは、まったく実体がない。
存在するかどうかも不明なのだ。
そのフリーメーソンだがそもそもはイギリスはロンドンの石工の団体として始まった。それが、いつのまにか、陰謀論の主役となって世界の政治・経済を牛耳っていることになっている。
これはどうしたわけだろう。フリーメーソンは、実体がないのになぜか知名度が高く、その信者も多勢いて、秘密結社として語られ、その噂がひとり歩きするようになってしまったりだ。

それこそまさに、古来から現代に語り継がれてきた都市伝説なのだが、たしかにフリーメーソンには、謎めいた存在感があるのは否定できない。それを今ここで、フリーメーソンの裏側と呼ぶことにしよう。

イルミナティ=フリーメーソン?

隠では、目的達成のためには手段を選ばない謀略性を発揮するようになったのは、『イルミナティ』が、フリーメlソンの中枢になってからだという。
イルミナティの創立者はドイツのバイエルン地方のインゴルシユタット大学法学部長アダム・ヴアイスハウプト。設立されたのは1776年5月1日だ。
ヴアイスハウプトは、超エリートによる世界統一政府を構想し、現存する国家のすべての廃絶を主張、その手段として暴力革命や陰謀、策略を巧妙に活用することを掲げた。その背後には、オカルティックな古代の魔術的宗教性があった。

アメリカのフリーメーソンのドンであるロックフェラーの所有するニューヨーク5番街のピルには666の数字がビルの入り口と頂上に明記されている。
ヨーロッパのフリーメーソンのドン、ロスチャイルドの所有するビルも同じだ。

フリーメーソンには、人知を超えた、ある力が介在しているといわれている。
それは、イルミナティに秘儀として伝わる古の魔術の存在らしい。イルミナティのか光とは、ルシファーを表す。ルシファーとは、『新約聖書」で666悪魔の数字と表現されている。

そしてフリーメーソンは、この数字を聖なる数字として崇めている。
見えてこないフリーメーソンの裏側、つまり、影のフリーメーソンは、イルミナティとの複合体ということになる。噂では近い未来、世界共通コードが666となりそれに国家コード、地域コード、個人コードなどがつき、人間のすべてに刻印される。

それは商品バーコードならぬ、人間バーコードだ。右手か額に、その恐るべきマlクが押されるそうである。さらなる噂では666の悪魔の数字を刻印された者と、十字架の印を額に刻まれた者のふたつに分けられるようになるという。

しかしその悪魔の数字だが、どうやら666ではなかったようだ。新訳聖書の研究で、実際はが616と判明したという。それについてフリーメーソンは、黙して語らない。

やっぱりフリ ーメーソンは裏で世界を支配している

その姿・形どころか、まったく実体の見えない影のフリーメーソン。その見えない存在の話が、世界中でまことしやかに語られそして信じられている。それにしても、フリーメーソンは、都市伝説界の王様の風格にふさわしい、と今更ながら思う。

-WORLD

Copyright© ウワサの都市伝説まとめ , 2018 AllRights Reserved.